パソコンデータが消えてしまったら【データ復元専門業者に頼ろう】|Online Shop
HOME>Topics>パソコンデータが消えてしまったら【データ復元専門業者に頼ろう】

目次

専門会社への連絡が基本

ハードディスク

クラッシュやヒューマンエラーによって業務データを損失した時は、データ復元の専門会社を利用するのが基本ですから、その際は技術力に優れる業者へ依頼しましょう。

ヒューマンエラーの豆知識

PC操作

仕事におけるヒューマンエラーには誤消去もありますが、データ復元の専門会社へ依頼すれば、極めて高い確率で復旧してくれるので安心です。ただし、誤消去後に書き込み操作をすれば最悪復元不可能になるため、その点は基礎知識として覚えておきましょう。誤消去とはいえ通常操作でデリートした場合、データ本体はまだストレージ内に残っているのですが、保存操作をすればそのデータに上書きする場合があるのです。こうなりますとデータ復元が非常に難しくなるので、誤消去後は一切の操作を中断して専門会社へ連絡するのが豆知識となります。

サービスの仕組み

データ復元はストレージから目的のファイルをサルベージするのが目的ですから、機器の物理的修理などは原則として取り扱っていません。そのため寿命やクラッシュによる不動ストレージは分解などを行い、別のストレージや光ディスクなどに抽出データを保存して納品される仕組みです。納品されたデータは通常操作で使用できる状態のため、そのファイルを使ってこれまで通り、業務を続けられるといった効果が得られます。

経費削減に有用な予備検査

実際のサービスは各データ復元会社の方針によって異なりますが、多くの業者は予備検査を無料で行ってくれます。この場合、先ずは復元して欲しいストレージを業者に預け、データ復元の可否をチェックしてもらい、抽出できると分かってから本申込が行える仕組みです。これにより作業を依頼してもデータが復元できなかったなど、無駄な支出を抑えられるため、経費削減効果につながる有用なサービスとなっています。

広告募集中